相続問題を考えるセカンド
HOME > トラブル案件の事例

相続問題・相続トラブル

相続問題は不動産、動産、預貯金、養子縁組、隠し子、出生などいろいろな問題が関わってきます。

離婚歴もなく、隠し子もいなく養子縁組した子もなく普通の一般的な家庭であり、亡くなる順番も親から先に亡くなっていけば特に問題はないと 思われがちですが、そこに多額の財産があるとそうもいきません。

一人っ子なら良いのですが兄弟が多ければ多いほど、財産が多ければ多いほど相続のトラブルは発生します。

また、親の面倒を見てきた兄弟は自分の取り分を多くしたいという事はあるのでしょうが、特段差をつける理由が無ければ法律(相続)では兄弟は平等です。

また、離婚した父が亡くなり相続が発生し、祖母や祖父が健在の場合でそれまで行き来が無かった場合、お互い血は繋がっていても他人の様な感覚になり、 なかなか相続が円満に解決つかない事もあります。

父親が亡くなり相続が発生し、兄弟がいないと思っていたところに内縁の妻の子供がいたことが分かりトラブルになる事もあります。

相続問題トラブルケース1

私と夫(宏)が結婚する際、夫の父(宏行)の土地に家を建てることになり、建物の名義は1/3は義理父、 2/3は夫の名義で土地を担保に入れ、 義理父が保証人になって.....


相続問題トラブルケース2

先日父が亡くなったため相続が発生しました。 相続財産自体は大したことではないのですが、私は現在無職で精神障害もあり仕事が出来ない為、 今の実家を出て行かな.....


相続問題トラブルケース3

私は独身で今年52歳になるのですが、半年前に父が亡くなり相続が開始になりました。 父と母は私が小学4年の時に離婚し私は母に引き取られました。 父は会社の経営者.....


相続問題トラブルケース4

父が無くなり円満相続で終わったのに1年経ってから分かった生前贈与で思わぬトラブルに発展.....