相続問題を考えるセカンド
HOME > 親子間の不動産

相続問題ケース1

今回の件は相続と言うよりは、親子間の不動産に関する権利関係と親が亡くなった時の相続に関する事です。

私と夫(宏)が結婚する際、夫の父(宏行)の土地に家を建てることになり、建物の名義は1/3は義理父、2/3は夫の名義で土地を担保に入れ、 義理父が保証人になって2500万円のローンを夫名義で組みました。

建物の1/3が宏行名義にしたので、てっきりローンの一部を払ってもらえると思っていたのですが、協力してくれなかった為そのことを言った際、 10年くらい経ったらまとめて(金額は未確定)払うと言うので納得していました。

途中で夫の収入が減りローンを払えなくなったので、私の実家に相談し残債務1,800万円を肩代わりしてもらい、実家に対して返済するようにしました。

そして、10年経過しても義理父が支払いの協力をしない為以前の約束の事を言いましたが、いずれ自分が死ねば相続であなたたちの物になると言って 払えないと言うので、固定資産税の支払いだけはしてもらう事になりました。

しかし、度々固定資産税の滞納をし、結果私達が払う事が度々ありました、その際も土地も相続で自分たちの物になるのだからと言うしまつで話しにならず、 その他にも光熱費等の一切の支払いもしてもらえない事や、お金にルーズな事があり限界に達し、私達か義理夫のどちらかが出て行くことになりました。

そこで問題になったのが、私達が出て行く場合、実家に借りてまだ未払いの700万円の支払いを宏にしてもらうように言ったのですが拒否され、宏が出て 行くように言うと、土地を1000万円で買い取ることと、引っ越し先の賃料を払うのが条件と言うのです。

どちらにしても割に合わないのでどうしたら良いか困ってしまいました。夫は母も亡くし兄弟もいないため相続となれば私達に戻っては来るのですがそれ までの支払いが2重になると支払いが出来ないのです。